いろいろな種類がある植毛について

ニードル法はドナーを採取した後に株分けして、植毛針で同時に穴あけ、植え込みを行う植毛法です。植毛株に1本ずつニードルをセットした後に、押し出すようにして入れます。

1000株用意すれば1000回作業をすることになるので人手が必要ですが、傷痕が目立ちにくいメリットがあります。

太くて黒い東洋人の毛髪にぴったりの方法なので日本や韓国で行われています。

この他、植え込みをする場所に切れ目をメスで作って、ピンセットを用いて植えていく方法をスリット法といいます。

NAVERまとめの情報をお届けします。

このスリット法は毛を移植する数が多い場合や、広範囲の頭頂部に移植する場合に適しています。


一度に頭髪を多く植えることができるため、コストも低くなるのがメリットです。

どちらも医師の技術が必要な植毛法ですが、熟練した技術がなく人手が省略できる方法として自動植毛機があります。

スピードが一定になるようにコンピュータによって制御されるため、医師やスタッフだけでなく患者の負担も軽減できます。

さらに機械による方法なのでムラがなく、どこのクリニックを選んでも仕上がりが一定になります。

植毛を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

メスで切ることに抵抗がある場合は、FUE法がおすすめです。



傷痕ができないだけでなく、皮膚の緊張によって余裕が少ない場合も適用できます。

この他、いろいろな方法があるので自分の頭皮の状況によって適した方法を見つけましょう。

まずは医師とのカウンセリングの時に詳しい話を聞くのが大事です。